京都の屋根修理業者を評判・口コミから建築リフォームのプロが徹底調査

屋根の葺き替え工事とは?葺き替え工事について徹底解説!

サイトトップ  > 屋根修理の各種工法について徹底解説!  > 屋根の葺き替え工事とは?葺き替え工事について徹底解説!

このページでは「屋根の葺き替え工事とは?葺き替え工事について徹底解説!」をご紹介しています。

屋根の葺き替え工事とは?葺き替え工事について徹底解説!

屋根の葺き替え工事とは?

屋根の葺き替え工事とは、「屋根材の全てを新調し、新しいものに取り替えること」を指します。
屋根表面の瓦やカラーベストといった屋根材だけでなく、その下に敷いてある防水シートや野地板まで、屋根を構成する全ての材料を新調する工事となります。
つまり、屋根全体が新築の状態に戻るイメージですね。

屋根修理には様々な工法がありますが、葺き替え工事は最もリフォーム効果の高い工法となります。
ここ京都では瓦屋根の建物が多いため、「瓦屋根の葺き替え工事」が頻繁に行われています。

また、葺き替えの「葺く」とは、「屋根を覆うこと」を意味します。
すなわち、「屋根を覆っているものを取り替える」という意味になります。

屋根の葺き替え工事は、本来なら経年劣化などによって改修が必要になった屋根に対して行う場合が多いです、
しかし近年では、地震対策として重たい瓦屋根から軽い屋根材への葺き替えを行うケースも増えています。

屋根が重たいと地震が起こった際の揺れの影響を大きく受けてしまいます。
一方、屋根が軽ければ建物全体の重心が下がるため、地震の揺れの影響を受けにくくなるのです。
そのため、耐震性の向上を目的とした葺き替え工事がリフォーム業界でも注目を集めており、地震が多い日本においては非常に効果的な工法と言えます。

屋根のリフォームを検討されている方は、今後を見据えて屋根の軽量化を目的とした葺き替え工事を検討されても良いかもしれませんね。

屋根葺き替え工事のメリット一覧

屋根だけでなく建物自体の寿命が延びる

葺き替え工事は屋根材と共に下地や防水シートもすべて新しく取り換えることから、屋根の機能が新品の状態に戻ります
つまり、建物を雨風や紫外線など自然環境から守ってくれる機能が復活するということですね。
屋根は建物を24時間365日、過酷な自然環境から守ってくれている非常に重要な箇所です。
屋根の機能が新品になるということは、建物自体の寿命を延ばすことにも繋がるのです。

建物の美観が向上する

屋根は建物の中でも大きく割合を占めています。
そして、屋根の印象一つで建物の外観は大きく変わるのです。
屋根塗装によって綺麗に塗り替えたり、カバー工法によって上から新しく屋根材を張り付けることもできますが、やはり全て新調した屋根は全く違ったものになります

耐震性が向上する(瓦屋根から軽量な屋根材へと葺き替えた場合)

ここ京都では、瓦屋根を採用している建物が全体の約半分を占めています。
瓦屋根は耐久性が高く、屋根材として非常に優れていますが、唯一重量が重いという欠点があります
屋根材が重いと屋根全体の重量が増してしまうので建物の重心が高くなり、地震の際の揺れが大きくなってしまいます。
そこで、近年は瓦屋根からスレートや金属への葺き替え工事の人気が高まっています。
軽い屋根材を採用することで建物の重心が低くなり、耐震性を高めることができるのです。

屋根葺き替え工事のデメリット一覧

屋根工事の中で最も工事費用が高くなる

葺き替え工事は数ある屋根修理の工法の中で、最も工事費用が高くなります
「新しい屋根材にかかる費用+撤去した屋根材の処分費用」が発生することに加えて、大掛かりな工事になるため工期も長くなってしまいます。
ただし、今後の雨漏りのリスクや定期的なメンテナンス費用を考慮し、一生の内で屋根にかけるトータルコストで考えた場合には、葺き替え工事が費用の面でも優れている場合もあります。
今後のライフプランも見据えて、屋根修理業者に相談した上で葺き替え工事を行うか決定しましょう。

工事中の雨漏りリスク

葺き替え工事は屋根材・防水シート・下地など屋根を構成する建材を一旦全て取り外すため、一時的にですが自然環境に対して無防備になります
そのため、工事中に大雨が降ってしまった場合は、建物内部に雨が入ってしまう恐れがあります。
優良な屋根修理業者は天気予報をしっかりチェックしながら工事を行うので特に心配する必要は無いでしょう。
しかし、施主ご自身もしっかり把握しておくことが大切です。

屋根葺き替え工事が必要な時期と工事の流れについて

屋根葺き替え工事は屋根工事の中でも最も高額な工事であり、そして大掛かりな工事となります。
そのため、人生において葺き替え工事を行う機会は1〜2回、多くても3回でしょう。
葺き替え工事を行う適切な時期は屋根材によって異なりますが、大まかには以下のようになります

瓦屋根⇒50年
スレート屋根⇒30年
金属屋根⇒20年

これはあくまでも目安であり、建物の立地や自然環境によっても前後します。
京都は比較的天候の差が激しいため、少し短めの期間で葺き替えをご検討することをおすすめします。
気になる方は屋根修理業者に屋根診断を仰ぐようにしましょう。

最後に、屋根の葺き替え工事の流れについてご説明します。
基本的に葺き替え工事を依頼すれば屋根修理業者の方でしっかり施工を行ってくれると思いますが、ご自身でも工事の流れを知っておいて損はありません。

①既存屋根材の撤去

古くなった屋根材を撤去します。
瓦屋根は重く、落下する可能性もあることから作業中は家の周りには近づかない、物を置かないようにしましょう。

②葺き土の撤去

瓦屋根の場合は、瓦屋根の下に土を敷いています。
こちらも撤去します。

③下地の状況確認・交換

下地の状態を確認します。
この際に下地自体に不具合があれば修理、交換をする必要があります。
このときに見落としがあるとせっかく葺き替えをしても屋根の品質が落ちてしまいます。

④野地板の補強

下地の上に野地板を敷き、屋根下をしっかり補強します。

⑤防水シートの張り付け

防水効果のあるシートを野地板の上に貼ります。

⑥屋根材の設置

屋根材を設置します。
この際に「瓦屋根」「スレート屋根」「金属屋根」など、ご希望の各種屋根材を葺いていきます。


京都の地元密着!『口コミ・評判の良い』屋根修理業者ランキング

ランキング1位
山口板金

『京都の地元密着!『口コミ・評判の良い』屋根修理業者ランキング1位:山口板金

ランキング2位
リルーフまつだ

京都の地元密着!『口コミ・評判の良い』屋根修理業者ランキング2位:リルーフまつだ

ランキング3位
西出瓦施工

京都の地元密着!『口コミ・評判の良い』屋根修理業者ランキング3位:西出瓦施工

【免責事項】当サイトは、管理人が個人的に情報収集した内容を基に作成しています。最新の情報は各サイトにお問い合わせください。

© 京都の屋根修理業者を評判・口コミから建築リフォームのプロが徹底調査