京都の屋根修理業者を評判・口コミから建築リフォームのプロが徹底調査

梅雨前に雨漏り対策!屋根のチェック事項を確認しよう

サイトトップ  > 屋根修理について知っておきたい基礎知識  > 梅雨前に雨漏り対策!屋根のチェック事項を確認しよう

このページでは「梅雨前に雨漏り対策!屋根のチェック事項を確認しよう」をご紹介しています。

梅雨前に雨漏り対策! 屋根のチェック事項を確認しよう

今年ももうすぐ梅雨の時期がやってきますね。一年の中で特に曇りや雨の天気が多くなる時期で、梅雨があまり好きではないという方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。そんな時期に、雨漏りなんて起きてしまうと大変です。悪天候が続くため応急措置も難しいですよね。
今回は、梅雨の時期に備え雨漏りを防ぐために事前にできる対策と、屋根のチェック事項についてご紹介いたします。

梅雨の時期に雨漏りを防ぐためには?

梅雨の長雨で雨漏りが起こると大変。雨漏りを防ぐためには、雨漏りしやすいポイントを理解しその箇所に劣化がないかチェックしておく必要があります。中には「雨漏りしたらその時に修理すればいい」とお思いの方もいらっしゃるかもしれません。しかし、雨漏りをそのように捉えていると大きな被害を受ける恐れがあります。

雨漏りが発生しているということは、建物内に水の侵入を許しているということ。つまり、建物の保護機能がなくなってしまっているということです。雨漏り箇所は一つでも、実は私たちの目が届かない場所で深刻な問題や劣化が起きている可能性が非常に高いのです。そのため、雨漏りが発生していると建物内の少なくとも一箇所以上に大きな問題が起きているということ。また、水は隙間を見つけてあらゆる箇所に侵入していきます。一箇所に水の侵入を許してしまうと、建物内全体に侵入を許してしまったのと同じようなことです。雨漏りとは関係ない箇所にまで水の影響が出てしまい大きな修繕をしなければいけなくなる前に、雨漏りを未然に防ぎましょう。

梅雨前のチェック事項

それでは、本格的な梅雨に入る前にチェックしておきたいポイントをいくつか見ておきましょう。

屋根材の割れ

長く使用した屋根材には割れやズレが起きている可能性があります。屋根材の割れやズレは、そこから水の侵入を許してしまうため、梅雨前に修理することをおすすめいたします。

棟板金

瓦以外のスレートや金属屋根の場合、屋根の頂上部分に棟板金が施工されています。普段棟板金は釘やコーキングで固定されていますが、経年劣化や雨風の影響でで段々と固定が緩むことが多いです。緩んだ隙間から水が侵入してしまう場合があるため要注意です。

漆喰の劣化

瓦屋根の場合は漆喰の劣化に注意する必要があります。漆喰は最後のメンテナンスから10年程度が経過すると、ひび割れや崩れが目立つようになります。漆喰は劣化部分から水が侵入してしまうため、梅雨前に補修しましょう。

コーキングの劣化

窓枠やドア枠、外壁材の継ぎ目部分などに施工されているコーキングの劣化も雨漏りの原因となります。住宅のさまざまな部分にコーキングが施されています。ひび割れや脱落が無いかちゃんとチェックしておきましょう。

塗装の劣化

屋根・外壁の塗装の劣化にも注意です。特に屋根の場合ですと、塗膜が劣化してしまうと塗料の保護機能がなくなってしまうため、屋根表面などにカビや苔が発生してしまいます。それらが繁殖し、水分を保ってしまうため屋根の下地の劣化といった被害を招いてしまうのです。

上記のような症状が見つかった際は、屋根の専門業者に点検してもらうことをお勧めいたします。

自分でできる雨漏り対策

次に、梅雨の長雨による雨漏りを防ぐためご自身でもできる雨漏り対策を見てみましょう。ただし、ここで紹介するのはあくまでも簡単な処置方法です。気になる箇所がありましたらなるべく早めに専門の業者にみてもらってくださいね。

屋根材のひび割れなどを補修する

DIY用のコーキング材ならホームセンターで手軽に手に入れることができます。ひび割れのある箇所をコーキング材で補修することでうまくいけば雨漏りを防ぐことができます。しかし、屋根の上に登って作業する必要があったり、コーキング補修はDIY初心者さんには難しいといったこともあり、あまりおすすめいたしいません。もしするならば、本格的な修理までの応急措置として補修しましょう。

棟板金の浮きを補修

屋根の頂上部分の胸に施工されている金属板のことを棟板金といいます。この棟板金が浮いている場合、コーキングでその隙間を埋めましょう。このような症状が見られる場合、下地から傷んでいることが多いので補修をしてもまた浮いてしまうことがあります。その際は、梅雨明けなどに一度専門業者に棟板金を見てもらいましょう。

雨樋の補修

雨樋の点検は、梅雨前にご自身で行える雨漏り対策として特に重要です。雨樋に不具合があると、排水されるべき雨水がきちんと排水されず、建物内に侵入し雨漏りを引き起こしてしまいます。雨樋の点検時にはひび割れやズレがないかの確認のほか、ゴミが詰まっている場合は取り除きましょう。

まとめ

今回はご自身でできる梅雨前の雨漏り対策についてご紹介しました。

屋根や雨樋といった雨漏りに大きく関わる箇所に不具合が見つけられた際は、ご自身でできる範囲で応急措置をし、できるだけはやめに屋根の専門業者に点検してもらいましょう。

もし緊急時でない場合は早急に現地調査の依頼をされることをおすすめいたします。


京都の地元密着!『口コミ・評判の良い』屋根修理業者ランキング

ランキング1位
山口板金

『京都の地元密着!『口コミ・評判の良い』屋根修理業者ランキング1位:山口板金

ランキング2位
リルーフまつだ

京都の地元密着!『口コミ・評判の良い』屋根修理業者ランキング2位:リルーフまつだ

ランキング3位
西出瓦施工

京都の地元密着!『口コミ・評判の良い』屋根修理業者ランキング3位:西出瓦施工

【免責事項】当サイトは、管理人が個人的に情報収集した内容を基に作成しています。最新の情報は各サイトにお問い合わせください。

© 京都の屋根修理業者を評判・口コミから建築リフォームのプロが徹底調査